<渡会純价の版画の世界>

 渡会純价氏が版画の世界に踏み込んで、早や、画業58年という年月が経ちました。
彼は、札幌を拠点に制作を続けており、先頃も札幌市内にて個展を開催されました。 当個展は、「渡会純价展−夢路を紡いで」と題されておりますが、いつもタイトルに表現されるのは、「・・・を紡いで」というイメージです。

 彼のどの作品をとっても、テーマが異なっても、家族や風景に音楽が入り、軽快で、温かく、ほのぼのした癒しの世界に引き込まれる感覚の作品が多いのです。
渡会純价氏の世界は作品の「線」と「構図」を音楽の「リズム」がそれこそ糸を紡ぐが如く絡まり、独特の魅力の世界を構築していると思います。

 彼にとっては、湧き上がってきたイメージにリズムが入り込み、「線」はその強弱をもってリズム感を表現し、拡がるメロディが自由奔放な「フォルム:構図」を構成し、心のリズムで紡いだ世界に色彩がハーモニーを奏でます。どの作品にもそういった音楽性が見受けられ、作品を描く彼自身が、あたかもコンダクターのように、作曲家のように!
しばし、【渡会純价の版画の世界】をお楽しみください。

 添付写真は渡会氏が平成29年度北海道文化賞を受賞された時のお祝いパーティーでの記念写真です。

<常設展のご案内>

  • « Prev
  • Next »

※モニター等の設定により、画面で見る色と、実物は微妙に色味が異なる場合がございますのでご理解ください。

「エッチングはこうして刷り上がる!」

いかがでした?渡会ワールドは?

「30cm×30cmの大きさの版画であっても、油絵の100号に負けないくらいの表現はしている」また、
「この線1本ひくために、今までの僕がある。」
「人生は1本の線の集積です。このことを後に続いて版画に取り組む人たちに話しつつ、アートと人生の糸(線)を紡いでいくつもりです。」
と素晴らしい言葉を聞かされました。

筆者は、この渡会ワールドに魅せられたものです。
ご覧いただいた方で、渡会作品を御所望の御方にはメールにてご連絡いただければ、お取次ぎさせていただきます。

<渡会純价 略歴>

1936年 北海道小樽市に生まれる。
1959年 北海道版画協会設立参加(版画家としてのスタート)
1961年 全道展出品(62年受賞)
1962年 日本版画家協会展出品
1970年 現代美術選抜展(文化庁主催)
1971年 渡欧(パリ:フリードランデル工房)〜72年迄
1974年 若き現代版画展(パリ近代美術館)
1978年 日本現代版画展(メキシコ)/第1回北海道現代美術展
1983年 渡欧(道文化海外交流事業費助成)(パリ・アトリエ17)
1985年 ロンドン・ヘンダーソン画廊企画個展
1987年 美術北海道100年展(北海道立近代美術館)
1989年 MUSIC PROMUNADE渡会純价展
1989年〜1992年 読売新聞コラム「原生林」同人
1991年 日本・イタリア国際版画展(ローマ)
1994年 版画の詩人 渡会純价展
1995年 平成7年度札幌市民芸術賞受賞
1996年 「ヨーロッパ・スケッチ紀行」コーディネータ
2004年 「国際児童選抜版画展」(中国南京)へ日本代表審査員
2006年 「釧路アートフェスティバル」実行委員
2008年 「日露友好フェスティバル」(ロシア・エルミタージュ美術館)
2010年 紺綬褒章を受ける。
2012年 日本美術家連盟 北海道地区代表委員
2017年 北海道文化賞 受賞

<収蔵>
  北海道立近代美術館、網走美術館、国立国際美術館、大英博物館、
  San Diego Museum、シンシナチィ美術館、新千歳空港ターミナル、
  甲府コンサートホール、増田誠美術館、大阪近代美術館
<著作>
  「わいん色のスケッチ」2000年
  「旅たびのメモリー」2003年